内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

国際平和協力本部事務局(PKO)

国際平和協力本部事務局 (PKO)

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  国際平和協力本部事務局(PKO)

2017年2月の南スーダンの様子

南スーダンの今

南スーダン連絡調整事務所から、現地の市場や学校の最近の様子について報告がありました。市場や学校には活気があり、ジュバ市内には通常の生活が戻ってきている様子が見受けられます。
詳しくは「南スーダンの今」をご覧ください。

日本隊の仕事、田中第11次隊長インタビュー (UNMISSプレスリリース)

南スーダン派遣施設隊第11次要員・田中隊長がUNMISSプレスのインタビューに、南スーダンの人々のために道路を建設し修理することは非常に光栄だとコメントしています。

リンク・UNMISSプレス

我が国のPKO(1992年~)が25年目を迎えました!

南スーダン派遣施設隊等(第11次要員)は、首都ジュバで年始行事を行い、隊長訓示、油圧ショベルによる書初めが行われ、お雑煮、お節料理がふるまわれました。
我が国のPKO制度発足25年目を迎えたPKO要員の活動の様子をご覧ください。

南スーダン派遣施設隊(第11次要員)の活動の様子(防衛省動画チャンネル)

出前講座の様子

高校生、小学生の皆さんの真剣な眼差しに感動!

12月1日長野県上田西高校に、同2日長野県中野市立倭小学校に伺い、国際理解や国際平和協力について、出前講座を実施しました。研究員が国連職員として勤務した海外滞在経験をもとに、衣食住や風土、開発途上国の問題や国際協力の仕事に関してお話しし、熱心に聞いて頂きました。

新着情報

2017年03月24日
南スーダン国際平和協力業務実施計画の変更(派遣期間の延長等)
2017年03月10日
UNMISSにおける自衛隊施設部隊の活動終了に関する基本的な考え方(要旨)別ウインドウで開きます
2017年03月10日
UNMISSにおける自衛隊施設部隊の活動終了に関する基本的な考え方別ウインドウで開きます
2016年12月05日
「現地からの声: 身近なPKO派遣」を掲載しました
2016年11月15日
南スーダン国際平和協力業務実施計画の変更(新任務の付与等)

トピックス

第7次司令部要員帰国式(兵站幕僚、航空運用幕僚)

 第7次司令部要員帰国式(兵站幕僚、航空運用幕僚)の様子

12月19日、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に司令部要員として1年間派遣された2名の隊員(明野真吾3等陸佐(兵站幕僚)、森一樹1等陸尉(航空運用幕僚))の帰国式が、石原宏高内閣府副大臣及び小林鷹之防衛大臣政務官の出席の下、内閣府にて行われました。石原内閣府副大臣からは、日本の派遣施設隊を含むUNMISSの円滑な活動のために立派に職務を遂行した隊員へ感謝と労いの言葉が述べられました。



国連メダル授与式

国連メダル授与式(写真:国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS) 日本派遣施設隊Facebookより)

南スーダン派遣施設隊等(第10次要員)は、平成28年11月10日(木)、首都ジュバ市所在の日本隊宿営地で挙行された授与式においてメダルが授与されました。また式辞では、UNハウス地区防護壁等の安全対策をはじめとする実績が高く評価されました。


第8次司令部要員出発式(平成28年11月28日(月) 内閣府)

 第8次司令部要員出発式の様子

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に派遣される2名の司令部要員(栗林3等陸佐:兵站幕僚、緒方1等陸尉:航空幕僚)の出発式が、石原宏高内閣府副大臣及び宮澤博行防衛大臣政務官の出席の下、挙行されました。石原内閣府副大臣からは、これまで立派に職務を遂行してきた司令部要員に引き続き、緊張感を持って業務に当たり、UNMISSと自衛隊の活動をしっかり支えてほしいと述べ、隊員を激励しました。



南スーダン派遣施設隊(第11次要員)出国行事(平成28年11月19日(土) 青森駐屯地)

南スーダン派遣施設隊(第11次要員)出国行事の様子田中仁朗(たなか よしろう)1等陸佐を隊長とする隊員約350名の第11次要員は、約6か月間、アフリカの南スーダン共和国の首都、ジュバ市及び同周辺において国連施設の整備や道路補修などの活動を行うことを予定しています。



 

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)