平成30年度 こども霞が関見学デー

南スーダンに応援メッセージが届きました

 「こども霞が関見学デー」の際、ご来場された皆さまに書いて頂いたメッセージが、南スーダン共和国で、国際平和のために国連ミッションの司令部で働く隊員の手元に届けられました。

 メッセージを書いてくださった皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

ご来場、誠にありがとうございました。(こども霞が関見学デー)

8月1日(水)、2日(木)の2日間にわたって開催されました「こども霞が関見学デー」に、連日の猛暑の中、当局ブースまで足をお運び頂きまして、誠にありがとうございました。
当局ブースでは、「世界の笑顔のために」をテーマとして、南スーダン司令部要員への応援メッセージ、夏休みの宿題の自由研究、被災民支援用テントの展示などを通じて、国際平和協力についてご紹介させて頂きました。

○国際平和協力隊員の制服が着られるコーナーおよび顔出しパネルで国際平和協力隊員になれちゃうコーナー!

日本の施設部隊が整備した南スーダンの道路を背景に記念撮影。
現地に行った気分を楽しんでいただけましたでしょうか。

 

顔出しパネルで国際平和協力隊員になっていただきました。

○被災民支援用テントに入れてしまうコーナー!

大きさにびっくり、スリーピングマットの寝やすさにびっくり。
日本からの支援が広がってみんなが笑顔になりますように。

 

テントは、10人用なのでとても大きいのです。

○南スーダン司令部要員への応援メッセージコーナーと夏休みの宿題「自由研究」を一気に完成させようコーナー!

沢山の皆様にご参加を頂けました。
現在、アフリカにある世界中で一番新しい国の「南スーダン共和国」で、国際平和のために国連ミッションの司令部で働く4名の隊員へ、275通もの励ましのお手紙をお寄せ頂き、誠にありがとうございました。
みなさまからお寄せ頂きましたお手紙は、現地隊員へ送り届けます。
みなさまの応援メッセージを、隊員も心強く思うことでしょう。

○おまけ・・・

会場にあったペーパークラフトジオラマには、象さんの親子が隠れていました。
見つけられましたでしょうか!?