内閣府 Cabinet Office, Government of Japan
国際平和協力本部事務局(PKO)
国際平和協力本部事務局 (PKO)

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  国際平和協力本部事務局(PKO)  >  国際平和協力研究員  >  @PKOなう!  >  第4回 拡大する国連平和維持活動

第4回 拡大する国連平和維持活動@PKOなう!

国際平和協力研究員
とちばやし のりまさ
栃林 昇昌

 

国連平和維持活動の始まりは停戦監視

 国連の歴史において最初に行われた平和維持活動(PKO)は、1948年に第一次中東戦争の休戦監視を目的として設立された国連休戦監視機構(UNTSO)で、現在も活動を継続しています[1][2]。国連PKOは当初、紛争終了後に当事者同士が休戦/停戦合意を結び武力衝突が収まり、かつ当事者が同意する場合に、中立的な立場で停戦を監視することを目的として展開していました。
 このように、純粋な停戦監視を目的としたPKOを「第一世代PKO」と呼びます。

文民部門による「平和構築」

 冷戦後、当時のガリ国連事務総長から「平和構築」という概念が提唱され[3]、紛争の再発を防止し平和を定着させるための取り組みの必要性が認識されるようになりました。平和構築活動には、武装解除、難民・避難民帰還、地雷除去、選挙支援、人権保護などの分野が含まれます[4]。こうした活動に対応すべく、国連はPKOに文民部門を設置し、停戦監視という従来の平和維持活動と文民中心の平和構築活動をPKOミッションの枠組みの中で行うようにしました。この新たなPKOは、「第二世代PKO」と呼ばれています。

うまくいかなかった「平和強制」

 第二世代PKOと時期を同じくして、停戦合意が結ばれていない紛争に対しても、国連が介入するようになりました。いわゆる「平和強制」と呼ばれるPKOは、一般的に「第三世代PKO」に分類されます。しかし、平和強制を主たる任務としたPKOは、うまくいきませんでした。例えば、1993年3月に設立された第二次国連ソマリア活動(UNOSOM II)は、前年に設立されたUNOSOM Iの権限を大幅に拡大する形でソマリア内戦に介入しましたが、紛争当事者間を仲介するどころかUNOSOM II自体が民兵から敵視されてしまい、平和強制は成功しないまま国連はソマリアから撤収しました[5]

「一つの国連」を目指した「統合ミッション」

 90年代末になると、PKOは紛争終結国において、新しい政府が樹立されるまでの暫定統治機能を担うようになりました。99年に設立された国連コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)や東ティモール暫定行政機構(UNTAET)などです[6]。これは、PKOの歴史において特筆すべき変化でした。
 さらに、2000年台後半には紛争終結後の人道支援や復興支援の重要性がますます高まり、PKOは人道支援や開発支援を専門とする他の国連機関との連携を模索するようになります。そこで誕生したのが「統合ミッション」という枠組みです。これは、PKOミッションと「国連カントリーチーム」(国連機関の国別チーム)を「一つの国連」として一体的に運用することを意図し、停戦監視~平和構築~人道支援を効果的に行えるようにするものです[7]。「第四世代」と呼ばれるPKOで、現在の主流となっています。

[1]Chesterman,S.;Franck,T.;Malone,D.Law and Practice of the United Nations:Documents and Commentary.2nd ed.,Oxford University Press, 2008,p.268p.

[2]List of Peacekeeping Operations1948-2011.United Nations,http://www.un.org/en/peacekeeping/documents/operationslist.pdf accessed27February2012.

[3]U.N.Secretary-General,An Agenda for Peace:Preventive Diplomacy,Peacemaking and Peace-Keeping:Rep.of the Secretary-General,U.N.Doc.A/47/277-S/24111 (1992).

[4]饗場 和彦,人道的介入の視点から見た旧ユーゴスラビア紛争:ボスニアUNPROFORに関する「正当性」「実効性」の観点からの検証.国際公共政策研究.1998,第2巻,第1号,p.118-119.

[5]Ramsbotham,Oliver,and Tom Woodhouse.Encyclopedia of International Peacekeeping Operations.Santa Barbara:ABC-CLIO, 1999, 220-228.

[6]Chesterman,Simon. “Transitional Administration,State-Building and the United Nations.”Making States Work:State failure and the crisis of governance.Tokyo:United Nations University Press, 2005. 339-358.

[7]Department of Peacekeeping Operations and Department of Field Support,A New Partnership Agenda:Charting a new horizon forUNpeacekeeping.New York:United Nations, 2009,http://www.un.org/en/peacekeeping/documents/newhorizon.pdf accessed27February2012.

前の記事へ前への画像次への画像次の記事へ

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)