第113回 インドの国連PKOの展開 ~概観~

本コラムにある意見や見解は執筆者個人のものであり、当事務局及び日本政府の見解を示すものではありません。

2020年12月24日
国際平和協力研究員
たかの きよみ
髙野 清美

 1956年以降、インドは継続的に国連平和維持活動(以下、国連PKO)に対して部隊派遣、物資協力、訓練提供等を行ってきました[1]。2007年以降は国連PKOへの要員派遣数は減少傾向にあるものの、長年全派遣国約120か国[2] 中上位5位以内に入っており、主要要員派遣国の一つです[3]。2020年10月末時点で、全13の現行ミッションの内、UNMISS(国連南スーダン共和国ミッション)、MONUSCO(国連コンゴ民主共和国安定化ミッション)、UNIFIL(国連レバノン暫定隊)を含む9つのミッションに計5,424名の軍事要員、警察要員及び文民要員を派遣しています[4]
 本稿では、1990年から現在までの約30年間のインドの要員派遣数の推移図を参考に、インドの国連PKOへの派遣初期から現在までの歴史を辿り、インドの特徴的事例を概説します。
 また、当コーナー「@PKOなう!」ではコラムをカテゴリーで分類しておりますが、「地域・国別のPKOへの取組」[5] というカテゴリーに、本稿により主要要員派遣国であるインドに関するコラムが新たに加わりました。

インドの国連PKO派遣の歴史

 インドはジャワハルラール・ネール(Jawaharlal Nehru)初代首相(以下、ネール)の政権運営の下、国連PKOの枠組みではありませんでしたが、インドとしては初めて国連に対する支援として、1950年、朝鮮戦争の休戦時に医療チームを派遣しました。その後、1956年以降、国連PKOに自国部隊を派遣するなどして、これまで数々の貢献をしてきました[6]。  
 1989年から1990年代にかけて、インド領カシミール地域ではインドからの独立を望む武装勢力の活動が盛んになり、インドの治安部隊が攻撃されるなど、国内の緊張は高まり、現地に軍を派遣し事態の鎮静化を図る必要がありました[7]。しかし、そのようなインド国内の緊迫した状況にも関わらず、1992年8月以降、国連PKOへの要員派遣数は2桁から4桁へと大幅に増員されたのです[8]。実際に、国内では軍事要員が欠員していたため、代わりに警察官を派遣して対処していたことが指摘されています[9]。  
 インドからの国連PKOへの要員派遣数が増員された背景には冷戦の終結後のPKOミッション数の増加が考えられます。同時期に新たに20の国連PKOミッションが追加され、要員総数も1万人(1990年時点)から7万人(1993年時点)へと増えました[10]。  

図 インドから国連への要員派遣数推移(1990年11月末~2020年10月末)

(出所)“Troop and Police Contributors,” UN Peacekeepingより執筆者作成

 しかし、1994年12月から約5年間のインドから国連への要員派遣数の推移に注目すると、同時期に国連全体の要員派遣数も減少したものの、全要員の約1割を占めていたインドの要員派遣数は2~3%台にまで減少しています。特に1995年と1997年4月から1998年10月の期間に至っては、約70~80か国[11] 中上位5位以内を保っていた要員派遣数が9位~36位の間へと後退しています[12]。  
 要員派遣数が減少した理由の一つとして、安全保障理事会(以下、安保理)で次の問題が勃発した当時、各国の要員派遣数が減少しており、同様にインドでも派遣に消極的になったことがあると考えられます。  
 1992年、クロアチア国内の特定のセルビア人居住地域の武装解除と保護の任務を担っていた国連保護隊(UNPROFOR)の軍事司令官であったインド軍のナンビアール准将(Brigadier General Satish Nambiar)は、司令官である自身に重要な情報が伝達されず、国連安保理の常任理事国の主導で物事が決められたことが「納得のいかない結果」[13]を生んだと述べています。同准将は手記の中で、「紛争当事者間の合意形成の努力が置き去りにされたままにUNPROFORのマンデートが拡大・延長されたこと」や「マンデートの拡大に見合う適切な要員や装備が提供されなかったこと」等を批判しており[14]、その後、より強力なマンデートの承認や十分な人員や装備が提供されなかった問題はインドのみならず国連全体で議論されました[15]

近年の国連PKOに関連する特記事項

 近年注目されたインドからの女性要員の派遣について紹介します。インドは長年国連PKOミッションに女性要員を派遣しています。2000年に紛争予防や平和構築における意思決定の場における女性のより積極的な参加等を明記した安保理決議第1325号が採択されましたが、この決議を具現化するため、2006年11月に紛争後社会でのジェンダー平等の推進を目的とし、当時の国連平和維持活動局(DPKO)は女性の軍事及び警察要員の増員のための政策ガイドラインを発表しました[16]。その2ヶ月後、インドは国連PKO史上初となる125名の女性警察官のみで構成された組織警察隊(FPU)を国連リベリア・ミッション(UNMIL)に派遣しました[17]。平和維持活動に参加する女性要員数の増加が停滞していた当時、女性のみで構成されたFPUを派遣したインドの斬新かつ積極的な対応は国際社会から今なお高く評価されています[18]

おわりに

 本稿では、長年主要要員派遣国であるインドの30年間分の要員派遣数の推移図を基に、主に1990年代のインドから国連PKOへの要員派遣の歴史を簡易的に振り返りました。現在に至っても多くの軍事要員、警察要員等を派遣していますが、自国の国境問題をはじめ、今現在どの国も避けられない新型コロナウイルス感染症による影響でインド国内では海外からの帰国者の対応に軍事要員が追われている問題などにより、国内の軍事要員の需要は高まっています[19]。めまぐるしい現実の中、インドはどのように国連PKOでの歴史を刻むのか、今後に注目です。

 

[1]  Asoke Kumar Mukerji, “UN Peacekeeping: India’s Contributions", Ministry of External Affairs: Government of India, November 8, 2019 (https://www.mea.gov.in/articles-in-indian-media.htm?dtl/32014/UN_Peacekeeping_Indias_Contributions).

[2]  年によって派遣国数に差がありますが、2007年以降、毎年平均120か国が国連PKOに要員を派遣しています。

[3]  “Troop and police contributors", United Nations Peacekeeping, last updated October 29, 2020 (https://peacekeeping.un.org/en/troop-and-police-contributors).

[4]  Summary of Contribution to UN Peacekeeping by Country, Mission and Post: Police, UN Military Experts on Mission, Staff Officers and Troops 31/10/2020,” UN Peacekeeping, last updated November 17, 2020; “Where we operate”, UN Peacekeeping, last updated November 17, 2020 (https://peacekeeping.un.org/en/where-we-operate).

[5] 「カテゴリー別記事一覧:@PKOなう!」国際平和協力本部事務局、2020年12月8日参照。(http://www.pko.go.jp/pko_j/organization/researcher/atpkonow/category.html#pko3)

[6]  Sadiqua Rizvi, “India’s role in the UN during the Nehru Era 1950-1960,” 2015; 伊豆山真理 「第6章インドの国連平和維持活動:国連主義としての軍事活動とその変容過程」『現代インドの国際関係 : メジャー・パワーへの模索』(日本貿易振興機構アジア経済研究所、2012年)225~258頁。

[7]  “Proxy War in Jammu & Kashmir”, European Foundation for South Asian Studies, May 2017;「武装集団の襲撃でインド兵17人死亡 パキスタン過激派が関与か」AFP BB News、2016年9月19日、(https://www.afpbb.com/articles/-/3101380); Khalid Shah, “Why Kashmir’s new militancy is harder to defeat than the one in 1990s”, The Print, January 11, 2020 (https://theprint.in/opinion/why-kashmirs-new-militancy-is-harder-to-defeat-than-the-one-in-1990s/348157/).

[8]  “Troop and police contributors”, United Nations Peacekeeping, last updated October 29, 2020 (https://peacekeeping.un.org/en/troop-and-police-contributors); 図参照。

[9]  Nitin Pai, “My op-ed in the Indian Express: Bring the troops back”, July 10, 2008 (http://acorn.nationalinterest.in/2008/07/10/my-op-ed-in-the-indian-express-bring-the-troops-back/).

[10]  Asoke Kumar Mukerji, “UN Peacekeeping: India’s Contributions”, Ministry of External Affairs: Government of India, November 8, 2019 (https://www.mea.gov.in/articles-in-indian-media.htm?dtl/32014/UN_Peacekeeping_Indias_Contributions); “Troop and police contributors”, United Nations Peacekeeping, last updated October 29, 2020 (https://peacekeeping.un.org/en/troop-and-police-contributors).

[11]  国連PKOホームページを参考にした1990年代当時の全要員派遣国数です。

[12]  “Troop and police contributors”, United Nations Peacekeeping, last updated October 29, 2020 (https://peacekeeping.un.org/en/troop-and-police-contributors); 図参照。

[13]  伊豆山真理 「第6章インドの国連平和維持活動:国連主義としての軍事活動とその変容過程」『現代インドの国際関係 : メジャー・パワーへの模索』(日本貿易振興機構アジア経済研究所、2012年)225~258頁。

[14]  なお、この記述のある元の記事は既に削除されており、伊豆山真理著『第6章 インドの国連平和維持活動』(2012)から引用しています。

[15]  “Our History”, UN Peacekeeping, last updated November 8, 2020 (https://peacekeeping.un.org/en/our-history).

[16]  “Gender Equality in UN Peacekeeping Operations,” United Nations Department of Peacekeeping Operations, 2006.

[17]  伊豆山真理 「第6章インドの国連平和維持活動:国連主義としての軍事活動とその変容過程」『現代インドの国際関係: メジャー・パワーへの模索』(日本貿易振興機構アジア経済研究所、2012年)225~258頁; Banerjee Dipankar, “Peacekeeping contributor profile: India”, Providing for Peacekeeping, January 27, 2013 (http://www.providingforpeacekeeping.org/2014/04/03/contributor-profile-india/).

[18]  Lesley J. Pruitt, “The End of a New Beginning: The World’s First All-Female UN Peacekeeping Unit Departs Liberia,” 2016; “UN praises India's women police initiative”, Hindustan Times, March 30, 2006 (https://www.hindustantimes.com/india/un-praises-india-s-women-police-initiative/story-WmlbA8cTeSAWJuEYBnaPhL.html).

[19]  Financial Express (March 13, 2020). Coronavirus: Indian Army takes care of those quarantined and sets up more facilities (https://www.financialexpress.com/defence/coronavirus-indian-army-takes-care-of-those-quarantined-and-sets-up-more-facilities/1897304/).