内閣府 Cabinet Office, Government of Japan
国際平和協力本部事務局(PKO)
国際平和協力本部事務局 (PKO)

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  国際平和協力本部事務局(PKO)  >  国際平和協力研究員  >  国際平和協力研究員の紹介

国際平和協力研究員の紹介

氏名 西村 正二郎(にしむら しょうじろう)
研究テーマ 国連平和維持活動(PKO)を巡る最近の傾向と今後の見通し
専門分野 国連、安全保障理事会、PKO、紛争解決・調停、アフリカ
略歴 米国アメリカン大学修士課程(国際平和・紛争解決)修了、東京外国語大学(英語専攻)卒業。国連南スーダン・ミッション(UNMISS)にて情報分析官及び国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)にて政務官・特別補佐官として勤務。外務省にて、緊急・人道支援課、在南スーダン大使館、アフリカ第一課、国連政策課及び国連代表部にて勤務。安保理及び現地ミッションを中心とする国連による紛争への対応等に関する業務に従事。2017年4月より現職。
氏名 今井 ひなた(いまい ひなた)
研究テーマ 紛争後国家の政治体制分析、平和維持・平和構築活動における現地社会の主導的役割、平和維持活動における地域機構の役割:アフリカ連合 (AU) に焦点をあてて
専門分野 アフリカ政治、選挙監視、国家建設(statebuilding)、平和維持活動(PKO)、地域機構
略歴 日本女子大学人間社会学部現代社会学科卒、東京外国語大学紛争予防・平和構築専攻修士課程修了、東京外国語大学博士後期課程在籍中。カンボジア及びスリランカの国際選挙監視活動にNGO事務局長として携わり、政治分析、プロジェクト評価業務に従事。国際移住機関(IOM)ルワンダ事務所のインターンでは国境管理、労働移住管理など、制度構築に関連した業務に携わる。そのほかに経済開発協力機構(OECD)でのインターンを経て、広島平和構築人材育成センター(HPC)にて研修運営、及び調整担当として勤務。2017年5月より現職。
氏名 上野 真由美(うえの まゆみ)
研究テーマ 国連改革(平和と開発分野)、暴力的過激主義対策(PVE)、PKOセンターを通じた能力構築支援
専門分野 アフリカにおける開発と平和構築
略歴 兵庫県生まれ。2009年、ハーバード大学大学院ケネディ行政学院2年コース修了、公共政策行政修士(MPA)。ケネディスクール・グラント選抜生(授業料ハーバード大学負担特待生)並びにフルブライト奨学生。
2000年早稲田大学卒業後、国際移住機関(IOM)駐日事務所に入職、2007年まで同事務所にて駐日代表補佐兼プログラム・コーディネーターとして勤務、人身取引被害者支援事業を策定、実施。 米国留学後の2009年よりIOMソマリア事務所(人身取引対策事業担当)、UNDPソマリア事務所(モニタリング・評価担当)、外務省国際協力局国別開発協力第三課(外務事務官、コモロ・ソマリア・ボツワナ・モザンビーク・ルワンダ担当)、在ケニア日本大使館(経済協力調整員、経済・経済協力・援助協調担当)、UNDPアフリカ局ケニア事務所付現地調整官(Field Coordination Specialist)を経て2017年6月より現職。     共訳書に「リーダーシップ:六つの試練」(英治出版、2011年)。

元国際平和協力研究員の紹介

国際平和協力研究員制度について

国際平和協力研究員による講義など

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)